フレッツ光では家に引き込まれるケーブルの種類が複数存在する

フレッツ光は光ファイバーを利用した伝送サービスですが、建物の中に入ってからどのようなケーブルを使うかによってプランが違ってきます。特に集合住宅で 違いが多いです。
なぜ集合住宅だと光ファイバーがそのまま配線できない可能性があるのかというと、建物の設計によって光ファイバーの配線が不可能なことがあるからです。そ の場合、光ファイバーを共有設備に接続したあと、そこからは既存の銅線を使って信号のやりとりを行うことになります。この配線はVDSLと呼ばれます。
VDSLの場合、家の中にあるホームゲートウェイには銅線でつながることになるので、光ファイバーではないと信号を送れないオプションサービスには加入で きない場合があります。たとえば、フレッツ光の放送サービスであるフレッツテレビがそうです。フレッツテレビの場合、光ファイバー回線でインターネットの データのやりとり以外に、テレビ信号の送信も行いますが、このように同時に二つの信号を送るということがVDSLでは技術的にできません。そのため、サー ビスには加入できないのです。
VDSL以外には、共用設備から各家庭への配信に用いるケーブルがLANケーブルの場合もあります。この場合もやはり、光ファイバーをそのまま家庭に引き 込むプランとは違い、いくつかのオプションサービスを受けることはできません。
なので、フレッツ光とそのオプションサービスを利用したいという場合は、家に引き込まれるケーブルの種類を必ず確認しておくようにしましょう。
代理店から選ぶフレッツ光